国産木製ブラインド

当事務所には、大きな窓があります。
かれこれ2年前に、この窓に木製杉材のブラインドを設置致しました。
産地は鳥取県智頭町の智頭杉、木目の詰った吉野杉に負けない位の優れた杉で構造材はもちろんのこと
内部造作材にも使われる杉。
赤身のみの無地柾目を使用した、ブラインドです。

実は無塗装で購入したのですが、強烈な日差しと軒がない窓なので、雨が降って窓を閉め忘れると、ボトボトに濡れてしまい、雨地味がいたるところについてしまって、もう汚いの一言になってしまいました。

余りにも汚れが酷かったので、産地へ送ってリペアを施してもらいました。
私は「こんなに汚いから、所々は汚れが取れないだろう?」と、思っておりましたが、
な!なんと!!
返ってきて驚きました。どこに汚れがあったのか?と思う程めちゃくちゃ綺麗になっています。
a0288772_15231853.jpg
しかも、今回は汚れが付きにくく、日焼けをしにくいように、自然塗料オスモ社のウッドワックス(チェリー色)を塗装してくれてました。
因みに塗装したからと言って無垢材の柄(柾目)も見えなくなったわけではありません。

そして、木製ブラインドのいい所は、日が当たると淡いオレンジ色になるのが、自然な感じがしていい具合なんです。
a0288772_15285251.jpg
a0288772_15241698.jpg
写真上が今回リペアして返ってきたブラインドです。写真下は、当初納品された時のブラインドです。
若干色が付いているのが分かるでしょ、綺麗な柾目柄が通っているのが分かると思います。
このブラインドには後一点、縦型があります。縦型は板の巾がもう少し広く、源平柾目となります。
a0288772_1526271.jpg
リフォームした物件でご使用頂きました。天窓部分に横型ブラインドを使用し、窓面に縦型を使用。この日光が当たった感じの色合いがいいでしょ?暖かい光的な感じ(^O^)/

当社で販売しておりますので、見積りは窓の大きさ(縦・横)の寸法を明記の上、縦型なのか横型なのかを明記して頂ければ詳細見積りを致します。
是非、室内空間に杉ブラインドをご検討下さい。
[PR]
by okayamawood | 2013-06-04 15:29 | 国産材の紹介 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://okayamawod.exblog.jp/tb/17897384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 木材色々ご紹介 幅広柾床板 >>