明日・明後日は見学会

当社から納材させて頂いた、鬼胡桃 A品無地 ユニ自然OIL塗装 15×90×1,820の床板と、
武蔵杉 白板目無地 壁板がふんだんに使用された現場が、今週末お施主様のご厚意により、見学出来るようになりました。
工務店さんからのチラシ、案内をUPしてみましたので、是非お近く来られましたら、お立ち寄り下さい。
a0288772_16414420.jpg
a0288772_1642135.jpg

チラシにも書いていますが、藏家さんが、このK邸を建築される時の思いを少し乗せておきます。

「大きな大きな松の梁と、その梁を支える大切な柱は、以前大黒柱だった欅。

庭には 変わらずどっしりとそびえる栂の木。

これらは どれもおじいちゃんの家を守り家族を守ってきました。

これからも生まれ変わって守り続ける為に構造材は新しく吉野杉、大黒柱は栗の木を採用。

時代とともに変えていくべきものと時代が変わっても変わらず大切に守りたいもの。

家を受け継ぐというのはその人を 家族を受け継ぐということ。

その想いを新しい住まいに込めました。」
設計:一級建築士事務所MUK 村上あさひ
施工:藏家 居藏
[PR]
by okayamawood | 2012-09-21 16:47 | 施工実績 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://okayamawod.exblog.jp/tb/16254078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 浴室には青森ひば 厳選素材情報 >>